墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【書き続けている小説と墨美神のこと】


鳳香は水墨画家ですが、小説も書いております。

小説の受賞歴は以下の2件です。



・2015年 第10回ちよだ文学賞千代田賞

 

・2017年 第5回森三郎童話賞佳作賞

 

 


昔から文章を書くのは単純に好きで、

2015年ちよだ文学賞の千代田賞の受賞をきっかけに

可能性の扉の隙間から少しでも光が差しているのなら

その先に見たことのない輝きがあるなら、その景色を覗いて見たいし、

もう少し挑戦してみようと、水かきのない手で泳ぎ続けています。




『樋口鳳香・墨美神展』開催と同時にお客さまが、

受賞作品が掲載された本を持ってきてくれました。

この作品集は今でも千代田区文化振興課で購入することができますし、

千代田区の図書館にも置いてあります。



2017年11月に表彰式のあった第5回森三郎童話賞の入賞作品『夏の仲間たち』は、

刈谷市中央図書館のホームページに全文公開されていて、

以下のリンク先(刈谷市のHP)にてお読みいただけますので、そちらでお願いいたします。

 

 

 



もしかしたら絵で表現している世界に近いものを底辺に感じていただけるかと思います。

これからも、もし私の書いた物語をどこかで見かけることがあったら、

墨美神とともに、よろしくお願いいたします。