墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【樋口鳳香のこと、『墨美神®︎』『墨美神®︎きもの掛軸』について】


いよいよ25日(火)から2022年スタートとなる企画展『春はやて』開催です。

『墨美神®︎きもの掛軸』の新作を6幅、バリエーション豊かに展開致します。

『墨美神®︎きもの掛軸』は、

前年の発表以来、有難いことにたいへんご好評をいただいて、

完売続きとなっております。

ご縁を繋いでくださった方々には、改めて御礼申し上げます。

このご時勢で会場にお出でいただけない方もいらっしゃると思いますので

本日はアーティストステートメントというほどではないですが

プロフィールもあわせて『墨美神®︎』と『墨美神®︎きもの掛軸』についてお話ししますね。

 

 

 

 

 




【墨美神:樋口鳳香について】

樋口鳳香(ひぐちほうか)大分県出身。墨絵師・文筆家。

広告代理店に勤務しアートディレクターとして広告デザインに携わったのち、

歌川派(水野年方)を系譜とする画塾にて水墨画を学ぶ。2005年より作家活動。

水墨画団体展、美術団体展にて受賞多数。小説の受賞歴もあり。

水墨画の枠を超えた樋口さんの作品は、東京・銀座の画廊などで年に10回以上展示され、

多くのファンを獲得している。女性の水墨画家らと「墨美麗組」を結成。

ライブイベントパフォーマンスを行うなど、水墨画の魅力を伝える活動も始めた。」

大分合同新聞2019.7.1より抜粋)


 

 

 


【樋口鳳香の表現する『墨美神®︎』『墨美神®︎きもの掛軸』について】

墨美神®︎は樋口鳳香の登録商標です。

室町時代から画僧や文人、絵師たちによって継承されてきた運筆による水墨画技法を軸に

『墨美神®︎』となづけた匂い立つような世界を、

墨のにじみという偶さかの中に悠久を見つめ表現しています。

東洋画の代表である『水墨画』は日本の軟水と墨によって、

濃い墨色から地の白に至るまでの無限延長の濃淡と抑揚によって表現されます。

軟らかな水を含んだ墨は、幾重にも重なる和紙や生地の繊維に絡みながら縦横に滲み、

元に戻ることをしない。

それは刻々と変化する心の有り様にも、前にしかない人生の時間のようにも感じられます。

また画面を構成する要素である余白部分は何も描かれない『無』ではなく、

気配や、時間や、心を映す『有』であり、水墨画は色彩の持つ感覚性を離れながらも、

色よりも深く心を染めるものを内包することのできる芸術ではないでしょうか。

『墨美神®︎きもの掛軸』とは、日本の伝統文化である着物地を素材に、

作品『墨美神®︎』に着物を着付けるように裂地を重ねていく創作掛軸です。

裂地選びは元より樋口鳳香自ら表装まで手がける、

唯一無二のまったく新しい掛軸のかたちです。

一つの反物の中に同じ柄のない訪問着や伝統の紬織りなど、貴重な裂地を使って、

墨美神®︎のうるわしく儚い世界観をさらに深く演出します。







アートソムリエ山本冬彦氏 推薦作家による
日本画グループ展 春はやて】

会期:1/25(火)~1/30(日)
11:00-19:00 ※最終日17:00まで
会場:#TheArtcomplexCenterofTokyo (#ACT)
■丸の内線「四谷三丁目」駅 出口1より徒歩7分
JR総武線信濃町」駅より徒歩7分
作家紹介ページ:
https://www.gallerycomplex.com/sch.../ACT225/haruhayate.html

 

 


(会期中の在廊について)

お客様のご都合に合わせてピンポイントで在廊するつもりでいます。

どうぞ遠慮なくメッセージくださいね。




#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #墨美神きもの掛軸 #墨美神ドレス #sumibishin #sumie #山本冬彦 #日本画グループ展 #春はやて #アートコンプレックスセンター #アートソムリエ #アート投資 #アーティストステートメント



【歌川派系譜・墨美神®︎樋口鳳香 ~ 受賞歴一覧】


歌川派の系譜を汲む私、樋口鳳香にとって

この頃、先達となる江戸の絵師たちがそう遠くない昔に感じられるようになりました。

師匠のさらに師匠である水野年方、その先が月岡芳年、さらにその先は歌川国芳、歌川豊国、、

江戸、明治期の絵師の作品は、その気になればまだ入手できる状態にあり、

その際に気になるのは作品の真贋と、画家のプロフィールです。

墨美神®︎をお求めくださった方には、その箱の中に添書きを入れていますが、

印刷スペースの都合上、受賞歴も、展示歴も、抜粋の形になっております。

なので、現代の記録の形としてブログにそれらを残しておこうと思います。

本日は受賞歴と、その作品名を掲載します

追って、展示歴も掲載いたします。

後年の参考になるかわかりませんが、

ご関心のある方は印刷しておいてください。


※受賞作品の多くは美術館展示のみで画廊にて未発表です。
そのため1点のみが個人蔵となっております。



 

 

 


水墨画・受賞歴と作品名一覧】

2007年 3月 第29回 全日本水墨画秀作展/奨励賞『観賞熱帯魚』(紙本・F20号タテ)

2010年 3月 第35回 全日本水墨画秀作展/準大賞『一片雨花開(あめひとひらはなひらく)』(紙本・F20号タテ)


    8月 第36回 全日本水墨画秀作展/豊島賞『形影相憐』(紙本・半切・軸装)


2011年 3月 第37回 全日本水墨画秀作展/美術新聞社賞『華鬼灯』(紙本・F20号ヨコ)


    8月 第38回 全日本水墨画秀作展/美術新聞社賞『胡蝶の夢』(紙本・半切・軸装)


2012年 3月 第39回 全日本水墨画秀作展/特選『鏡花水月』(紙本・F20号タテ)


    10月 第51回 現水展/新人賞『残夢』(紙本・F30号タテ)


    11月 第40回 全日本水墨画秀作展/北海道新聞社賞『水生果』(紙本・連落・軸装)


2013年 3月 第41回 全日本水墨画秀作展/無鑑査推薦『風の弧線』(紙本・F20号タテ)


    10月 第52回 現水展/入選『白想の断片』(紙本・M80号タテ)


    11月 第42回 全日本水墨画秀作展/現代水墨画賞『白昼白想』(紙本・連落・軸装)

2014年 7月 第6回 京都全日本水墨画俳画文人画秀作展/巴人賞『玉響』(紙本・半切1/2・軸装)


    10月 第53回 現水展 秀作賞受賞『風の記憶』(紙本・M80号タテ)


    11月 第44回 全日本水墨画秀作展/厚生労働大臣賞『夢む』(紙本・全紙・軸装)

2015年 10月 第54回 現水展/奨励賞『ゆるやかな弧線』(紙本・M50号ヨコ)

2016年 4月 現水春季展/協会賞『たわむれる光風』(紙本・F10号タテ)

    5月 関西扇面芸術展/京都市教育長賞『ぬるい水』(紙本・F20号額装扇面ヨコ)

    10月 第55回記念 現水展/秀作賞『夏花のたわむれ』(紙本・M80号ヨコ)

2017年 3月 第49回 全日本水墨画秀作展/芸術文化賞『みなそこのつき』(紙本・30号ヨコ)

    10月 第56回 現水展 佳作賞受賞『風のなごり』(紙本・M80号ヨコ)

2018年 3月 第51回 全日本水墨画秀作展/巴人賞『青帝の気吹』(紙本・30号ヨコ)

    5月 第33回 関西扇面芸術展/奈良県教育長賞『うららかな吐息』(紙本・15~20号額装扇面ヨコ)※2020年個人蔵

    10月 第57回 現水展/奨励賞受賞『渦(うず)』(紙本・F50号ヨコ)

2019年 4月 現水春季展/審査委員賞『水の鏡』(紙本・F20号ヨコ)

    10月 第58回 現水展/小津和紙賞『祈り~弟橘媛』(紙本・F120号タテ)

2020年 4月 現水春季展(未開催)/優秀賞『春燈』(紙本・F20号ヨコ)

    10月 第59回 現水展/墨運堂賞『あたたかな蜜』(紙本・F100号タテ)

2021年 4月 現水春季展/アーチストスペースF賞『春陽の弧線』(紙本・F20号ヨコ)

2021年 10月 第60回記念 現水展/小津和紙賞『未来の果実』(紙本・F100号タテ)



【小説・受賞歴】
2015年11月 第10回 ちよだ文学賞/千代田賞『ぬしのはなし』
2017年 第5回 森三郎童話賞/佳作入賞『夏の仲間たち』
第5回森三郎童話賞

審査員:浜たかや(児童文学作家)
    藤真知子(児童文学作家)
    宮川健郎(武蔵野大学教育学部教授)

主催:愛知県刈谷市刈谷市教育委員会

後援:日本図書館協会・愛知県教育委員会日本児童文学者協会





#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #墨美神きもの掛軸 #墨美神ドレス #sumibishin #sumie #水墨画 #歌川派 #現水展 #個展 #墨美神展



来週25日から開催~山本冬彦氏 推薦作家『春はやて』


来週25日から2022年初めての企画展『春はやて』開催です。

たいへん光栄なことに、

アートソムリエ山本冬彦様ご推薦による日本画グループ展に参加致します。

今回はさらにバージョンアップした新作【墨美神きもの掛軸】を6幅、

バリエーションゆたかにご用意致しましたので

ご高覧いただければ幸いです。

 

 


在廊日はまだ決めていませんが、

お客様のご都合に合わせてピンポイントで在廊するつもりでいます。

どうぞ遠慮なくメッセージくださいね。

DMにサインもしますので、そちらもお気軽にお声掛けくださいませ。

 

 



 

 

 

 

 

アートソムリエ山本冬彦氏 推薦作家による
日本画グループ展 春はやて】


会期:1/25(火)~1/30(日)
11:00-19:00 ※最終日17:00まで

 

会場:#TheArtcomplexCenterofTokyo (#ACT)
■丸の内線「四谷三丁目」駅 出口1より徒歩7分
JR総武線信濃町」駅より徒歩7分

 

作家紹介ページ:
https://www.gallerycomplex.com/sch.../ACT225/haruhayate.html





#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #墨美神きもの掛軸 #墨美神ドレス #sumibishin #sumie #山本冬彦 #日本画グループ展 #春はやて #アートコンプレックスセンター #アートソムリエ #アート投資

【歌川派の系譜〜月岡芳年と樋口鳳香】


16日の #日曜美術館 は #月岡芳年 の特集を放送予定だったそうですね。

トンガ近くの火山島「フンガ・トンガ フンガ・ハアパイ」の巨大噴火により

放送は見送られたようですが。

改めて、この噴火の影響による津波などの被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。



さて、月岡芳年といえば、系譜を辿っていくと、樋口鳳香の師にあたります。

国芳芳年→水野年方→水野秀方…

年齢を重ねるほどに明治や江戸の昔は、幼い頃に感じていた昔昔の物語ではなく

すぐ昨日に生きて創作していたと思えるほどの息吹を感じるようになりました。

画像背景は文覚をテーマにした「那智山之大滝・文覚上人荒行図」

膨大な量の水です。地球を揺るがすほどですね。

 

 

 

 

 

〈樋口鳳香 展覧会のご案内〉


アートソムリエ山本冬彦氏 推薦作家による
日本画グループ展 春はやて】

会期:1/25(火)~1/30(日)・11:00-19:00 ※最終日17:00まで
会場:#TheArtcomplexCenterofTokyo (#ACT)
作家紹介ページ:
https://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT225/haruhayate.html



墨で描く、かぐわしき美神たち
個展【樋口鳳香・墨美神展】

会期:2/16(水)~2/22(火)・12:00~18:30 ※最終日は16:00閉場
会場:銀座画廊 #美の起原



#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #墨美神きもの掛軸 #墨美神ドレス #歌川派 #個展 #墨美神展 #sumibishin #sumie #山本冬彦 #日本画グループ展 #春はやて #アートコンプレックスセンター #美の起原 #アートソムリエ #アート投資

【会期中、DMにサインします✨】


#美の起原 さんと #ギャルリーラー さんにDM置いてもらいました。

 


ぜひ手に取ってくださいね✨

 

それぞれの会期中で、持って来ていただけたらサイン致します♪

ご希望の方は、会場で見かけたらお声掛けくださいね。

 


 

 

 

アートソムリエ山本冬彦氏 推薦作家による
日本画グループ展 春はやて】

会期:1/25(火)~1/30(日)
11:00-19:00 ※最終日17:00まで
会場:#TheArtcomplexCenterofTokyo (#ACT)
作家紹介ページ:
https://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT225/haruhayate.html

 

 

 



 

 


墨で描く、かぐわしき美神たち
個展【樋口鳳香・墨美神展】

会期:2/16(水)~2/22(火)
12:00~18:30 ※最終日は16:00閉場
会場:銀座画廊 #美の起原




#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #墨美神きもの掛軸 #墨美神ドレス #歌川派 #個展 #墨美神展 #sumibishin #sumie #山本冬彦 #日本画グループ展 #春はやて #アートコンプレックスセンター #美の起原 #アートソムリエ #アート投資




創作の工程を少しお見せします『墨美神®︎きもの掛軸』


晦日も、元旦もなく、ひたすらに表装作業を続けてきた『墨美神®︎きもの掛軸』。

ようやく仕上りの目処が立ってきました。

12月のアート百華展以降、毎日毎日、朝から夜中まで、

年が暮れても明けても表装作業をしてきました。

それだけの数の作品を仕上げた、ということでもありますが…。



 

 


『墨美神®︎きもの掛軸』とは、

着物地に描いた『墨美神®︎』に、着物を着付けるように着物裂地を重ねていく、

樋口鳳香のオリジナル創作掛軸です。

それぞれの画に合わせて、贅沢な訪問着や紬など裂地をコーディネートしていくので、

反物選びから考えると半年ほどの時間がかかっているように思います。

作品はもとより掛軸表装を含めて、樋口鳳香の手仕事によるもので、

世界に二つとない唯一無二の作品となっております。




本日は、その作業の工程をちょっとだけお披露目しますね。




 

 


軸棒や表木(掛軸の上の部分)を切るため、鋸(ノコギリ)を使う作業があります。

ノコを引く作業はできるんですが、

『家に鋸がある』という状況ホラー映画の夢を見そうで怖かったので、

これまでは糸鋸でせっせと切っていました。

が!糸鋸だと切るのも物凄く時間がかかるし、ガタガタな切り口になるため

ヤスリ作業も半端なく時間かかっていました。

今回は「OLFAの替刃式クラフトのこ」を使ったので作業が以前よりちょっとだけ捗っています。

肩凝りも少しは解消されたかな。


 

 


金槌を使う作業もあります。

美しい着物地の裂地を切りついで、耳折もして、総裏もつけて、軸棒も、表木もつけて、

こんなに麗しくに仕上がった最後の最後に、

カン(軸紐を通す部分)を打ちます。

「失敗したらどうしよう!私にはできないっ!」

と思いつつ、まあ頑張ってます。

怖がっているとやはりカンは曲がりますので、

真っ直ぐに打つには、やはり無我の境地に至らないといけませんね。


 

 


掛軸表装は、たくさんの工程を経て仕上げていくので、

こだわり出すと、新しいアイディアは泉のように湧いてきて、本当にきりがないです。

今回は軸装に合わせて、紐に薄鼠も使ってみました。

モダンな仕上がりで気に入っています。

飾って目立つ部分ではないけれど、飾るとき、仕舞う時に「はっ」とする部分です。




贅沢な裂地をふんだんに使った『墨美神®︎きもの掛軸』

今回もかなり価格を抑えてご提供いたします。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 



アートソムリエ山本冬彦氏 推薦作家による
日本画グループ展 春はやて】

会期:1/25(火)~1/30(日)
11:00-19:00 ※最終日17:00まで
会場:The Artcomplex Center of Tokyo (ACT)
作家紹介ページ:
https://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT225/haruhayate.html

 

 

 

 



墨で描く、かぐわしき美神たち
個展【樋口鳳香・墨美神展】

会期:2/16(水)~2/22(火)
12:00~18:30 ※最終日は16:00閉場
会場:銀座画廊 美の起原





#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #墨美神きもの掛軸 #墨美神ドレス #個展 #墨美神展 #sumibishin #sumie #山本冬彦 #日本画グループ展 #春はやて #アートコンプレックスセンター #美の起原 #アートソムリエ #アート投資



【丸金の金刀比羅宮で初祈願】


金比羅ふねふね ビルの谷間に キララララ

 

金の五色旗に 光がチョイとさしゃ 白虎の門も 晴れわたる~♪

ということで虎ノ門金刀比羅宮にて、今年の展覧会の成功を祈念してきました。

 

 

 

 

 

 

 

晦日も元旦もなく創作に没頭してきましたが、

 

ようやく雲霧晴れて視界が開けてきた感じです。

 

この春は佳いことありそうな予感です✨

2022年も樋口鳳香の墨美神®︎をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 


アートソムリエ山本冬彦氏 推薦作家による
日本画グループ展 春はやて】


会期:1/25(火)~1/30(日)
11:00-19:00 ※最終日17:00まで
会場:The Artcomplex Center of Tokyo (ACT)

 

 


墨で描く、かぐわしき美神たち
個展【樋口鳳香・墨美神展】

会期:2/16(水)~2/22(火)
12:00~18:30 ※最終日は16:00閉場
会場:銀座画廊 美の起原





#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #墨美神きもの掛軸 #墨美神ドレス #個展 #墨美神展 #sumibishin #sumie #山本冬彦 #日本画グループ展 #春はやて #アートコンプレックスセンター #美の起原 #アートソムリエ #アート投資