墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

絵の向こう側の景色【竹内栖鳳と六人部暉峰】


筆記具といえば今はすっかり鉛筆が主流ですが、

昭和のはじめ頃まで『筆』と『墨』が日常の中にあり…。

そんなだから、

先達の作品を眺めていると

「筆の使い方はかなわないな〜」

とつくづく思います。

運筆の変化で表現する南画はとくにですが、

一瞬雑に見えるほどに達者に流れる筆運びに驚嘆します。



さて。

画像は南画ではありませんが

『東の大観、西の栖鳳』といわれた、四条派の大御所、竹内栖鳳

私の中で「竹を描く」といえば、竹内栖鳳で、

いずれの作品中も涼しげな空気感がなんとも言えず好きです。



竹内栖鳳の門下生には、

上村松園、西村五雲、伊藤小坡、土田麦僊、山口華楊などなど

錚々たるメンバーが並びます。

作品が気になれば、その生きた軌跡も気になり始めるもので…

竹内栖鳳胃潰瘍を患い晩年は京都を離れ湯河原に定住するのですが、

女弟子であった、六人部暉峰を伴にします。

六人部暉峰は、優秀な日本画家でありながら画壇で活躍したのはわずか10年ほど。

栖鳳との間に生まれた七人の子を育てたと言われています。

人生いろいろ。絵の向こう側の景色を眺めたりする今日この頃です。

 



#竹内栖鳳 #六人部暉峰 #四条派 #水墨画 #運筆 #南画 #sumie #樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん