墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【円山応挙~円山派と四条派】

 

水墨画のルーツを辿って。

 

円山応挙の「円山派」と、呉春の「四条派」を簡単にまとめてみました。

 

 

 

18世紀、中国文化への憧れが強く、中国絵画や画譜を写した作品が多かった時代、

 

書を学ぶように山水風景や名所絵の「形を継いでいく」狩野派が主流だった時代に、

 

実物写生を重んじて「写生画」というジャンルを切り開いたのが円山応挙です。

 

折しも医学、本草学、博物学など、海外からの実証主義的学問の流入もあり、

 

実物を正確に写し取る絵画が求められる時代でもありました。

 

漢詩や漢文の教養がなくとも、見るだけで楽しめる応挙の写生画は多くの人に受け入れられ、

 

門下生も多く集まって「円山派」が形成されました。

 

 

 

「四条派」の祖と言われる呉春は、与謝蕪村に学び、のちに応挙の画風を学んだことで

 

応挙の写生画に、瀟洒な情趣を加味した画風を確立したと言われています。

 

呉春とその門弟たちの住まいが四条にあったため四条派と呼ばれ、

 

京都の主流派になり、その流れは近代の竹内栖鳳上村松園へと繋がっていきます。

 

(参考資料:円山応挙から近代京都画壇へ(図録))

 

 

 

応挙プロデュースの立体曼荼羅とも言われる「大乗寺障壁画」については、また後日。

 

 

 

 

 

#円山応挙から近代京都画壇へ #東京藝術大学 #円山応挙 #円山派 #呉春 #四条派 #竹内栖鳳 #上村松園 #樋口鳳香