墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【文房堂アワード @ 神保町文房堂】


4月。樋口鳳香の墨美神®︎は、初めてのギャラリーで展示されます。

神保町、神田すずらん通りにある老舗の画材店、文房堂(BUMPODO)。

丸善の前身である中西屋書店の一部を借りて創業し、

その後、福澤諭吉丸善には西洋文化(書物)を、

文房堂には西洋美術(画材)の販売をすすめたそうです。

1920年に発行された最初の画材カタログは

多摩美(多摩帝国美術学校)の創設者で初代校長でもある杉浦非水がデザインしたものでした。



さて、私にとって神保町は生活圏にあって馴染み深い土地ですが、

一番に思い出すのは『ちよだ文学賞』の授賞式です。

第10回 ちよだ文学賞にて千代田賞を受賞したのは2015年 。

授賞式は11月。すずらん通りに続くさくら通りでオープンスペースで挙行されました。

すでに懐かしい記憶となりました。

 



そんな思い出深い神保町での展示は

さらに新しくなった墨美神®︎を引っ提げて参加しますので、

どうぞよろしくお願い致します。



【第3回 文房堂アワード】
4/5(月)〜4/17(土)10:00〜18:30(※最終日は17:00まで)

 

 

 

 

 


#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #sumibishin #きものアート #きもの掛軸 #文房堂アワード #sumie #hangingscroll #水墨画 #美人画 #水墨美人画