墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【2021年これまで、と、これから】


2021年も残り半年となりましたね。

しかし、7月入ってからずっと雨。

コロナ禍に重ねて、大雨による災害も起きて落ち着かない日々ですが、

皆さま健やかにお過ごしでしょうか?




この半年の間、私、樋口鳳香は新しい機会や出会いに恵まれ、

たいへん充実した日々を送ることができました。

応援してくださる皆さまのおかげと感謝しております。

現在は、

10月に東京都美術館で開催される『第60回記念 現水展』に出品する

100号サイズの創作に打ち込んでいます。

現代水墨画協会が創立して60年の節目となる記念展なので、いささか肩に力が入っています。

10月なんてまだまだ先と思われることでしょうが、

作品の締切はもう直ぐなんです。

それを納めたら、速やかに今月7/26から開催の企画展の制作に移ります。

どんな墨美神が出てくるのか今は自分の中でも未知なので、焦りと緊張と昂揚の中にいます。

今回も多くの方に喜んでいただけるように、

楽しみながら新しい墨美神の形を創り出したいと考えています。

ふたたび展示会場にてお会いできますよう。

皆さま、どうぞお体ご自愛されてお過ごしくださいませ。


 

 

 

 

#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #sumibishin #sumie  #水墨美人画 #墨美神きもの掛軸 #歌川派 #現水展 #ネオジャポネズリー