墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

『墨いろ』〜篠田桃紅


ドキュメンタリー番組での凛とした姿、

棘は無いけどキレのある言葉の数々が印象に残っている。

誰にも頼らずに、自分で道を切り拓いてきた人の強さが存分に伝わってきた。

しかし自然を見るまなざしは優しくて。

強き背骨を持つが故に優しい人だったのではないだろうか。



美文家で秀逸なエッセイもいくつか残している。

墨の創作に携わる人には、その意味はリアルな実体験を以て

墨が和紙に染み込むように、心に広がり伝わってくるが、

彼女が紡ぐ、哲学的で、宇宙的な言の葉たちは、芸術に関わりを持たぬ人でも

人生に置き換えて立ち止まることのできるものではないだろうか。



『墨は重ねても一回性の重なりで下の墨は消えない。

人が一刻、一日と生きて、一つの生涯となるのと同じように思われる。

人が描くというしぐさには祈りに似た孤独の形がある。』

(篠田桃紅『墨いろ』)









今年108歳。になるはずだった篠田桃紅の

生涯の画業をたどる展覧会がそごう美術館で開催されます。



#墨いろ #篠田桃紅 #そごう美術館 #sumie #sumiart #すみアート