墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【2021太宰治賞】


年内の凄まじい展示ラッシュを終えて、

最近、ほーんのちょっとだけ展覧会を見るくらいに息をつける時間ができて、

そのうえ創作意欲を掻き立てられる有り難いお声掛けが続き、

「そーだ。いまこそ小説書こう!太宰治賞の締切日はそろそろだったね」

と思ったが吉日か、なんと締切日前日の12/9。

これは6月の桜桃忌あたりに授賞式をやろうという絡みなんでしょうね。

睡眠をとれば8時間しか創作の時間はないな、と思ったけど、やっぱり諦めきれない太宰治賞。

書きましたよ。時間の限り精一杯。

コロナのために郵便局の受付が短縮されて19時までと気付いたとき、書いた原稿42枚。

応募は400字原稿用紙で50枚から300枚。

物理的にもう無理と思ったのが18時半。その時47枚。

表紙やプロフィールの体裁を揃える時間を考えたら絶対無理なんですが…

諦めの境地に立てたのは18:55。

自画自賛が過ぎるかもしれないけど、すごく面白い、もー、どこか出版社に持ち込もうかな。

と、懲りない、めげない2020の樋口鳳香でした。

文学は最後の受賞が2017年なので、時間が経過しすぎてますものね。

2021年は狙いたいです。

ふぅ。絵は雪国の蛍さん(映画『夜叉』より)

 

 

 

 


来年のこともちょっとずつ決まりつつありますので、

少しづつ近況もアップしていきますね。




#樋口鳳香 #墨美神 #すみびしん #水墨美人画 #水墨画 #美人画 #地獄太夫 #太宰治賞 #田中裕子 #蛍 #夜叉