墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【月と木星のランデヴー】


七夕の夜、南中した月と木星のランデヴーを撮影したくて、

テラスで粘りに粘りました。

でも木星が見えるときは月が雲に隠れて、

月が見えるときは木星が隠れて、でした。



東京はいつだってほとんどの星が見えないけれど、

風の吹き抜ける中、夜空をずっと見上げていると、

雲がぐんぐん流れているのも見えて、

その先に広がる広大な宇宙と、

小さな点にも満たない私が見えない臍帯でつながっている気がして

心地よい宇宙のゆりかごに抱かれているような、

不思議な心地になれました。

いつか満天の星を、大地に寝転がって仰いでみたいものです。

 

 

 

七夕の南中した月と、木星のランデヴーです♪
右の小さい白い点が木星です。

 

 

 

 

月がはっきり姿を表すと、木星が雲に隠れました。
この雲の位置をタテにすると天の川の位置ですね♪

 

 



さて。

ずいぶんとブログの更新をさぼっていましたが、

この間、10月の東京都美術館『現水展』の作品を描いたり、

9月新宿ヒルトピア『墨映展』の作品を描いたりしていました。

他にもいろいろ決まったので、順次、記事にまとめていきます。

ちょっと待っててくださいね♪