墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

夏休みの自由研究に『水墨画』を!〈その3・墨の続き〉

 

墨のことを、もう少しお話します。

 

墨には松の枝などを燃やして取る煤(すす)を原料にした『松煙墨(しょうえんぼく)』と

 

菜種油など油を燃やして取った煤(すす)を原料にした『油煙墨(ゆえんぼく)』があります。

 

『松煙墨』は少し青みがかった色をしているため『青墨』とも呼ばれています。

 

水墨画で使うのは、この『松煙墨』、つまり『青墨』です。

 

皆さんがお習字で使っているのは『油煙墨』です。

 

 

 

 

煤は炭素の微粒子ですが、この2種類の墨の原料となる煤の粒子には違いがあります。

 

油煙で取れる煤の粒子は細かく、均一な大きさをしています。

 

松煙で取れる煤の粒子は油煙より大きめで、その大きさも均一でなく大小のムラがあります。

 

そのため、濃墨で書くお習字の文字は『油煙墨』の方が滑りが良く、艶のある文字を書くことができます。

 

 

 

水墨画はその名の通り、水をたっぷり使って、墨の濃淡の美しさを表現します。

 

水墨画で用いる『松煙墨』=『青墨』は、粒子に大きさのムラがあるため、

 

作品が仕上がった時、墨の濃淡の表現だけでなく、光の当たり方によって、見る角度によって、

 

墨の粒子が導く立体感と、深みを感じることができるのです。

 

 

 

水墨画は墨一色で表現されるのに、いろんな色を感じることができる。

 

「墨に五彩あり」などと言われますが

 

実は化学的にも裏付けされた部分もあるのです。

 

しかしやはり「墨に五彩あり」の本当の意味は、

 

鑑賞者の心のひだで感じる色のことだと思います。

 

それはモノクロ写真に感じるものに近いのではないでしょうか。

 

カラー写真よりも、モノクロ写真に

 

より多くのドラマを感じることはないですか?

 

情報が少なければ、人の心は欠けた部分を補おうとします。

 

その心の動きが加わることで、作品をより印象深く感じるのかもしれません。

 

 

 

さて、次回は紙(和紙)についてお話します。

 

 

 

 

 

#樋口鳳香 #水墨画 #夏休み自由研究 #夏休みの宿題 #日本の伝統文化 #日本の文化 #墨絵師