墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【本日(18日)最終日『全日本水墨画秀作展』@国立新美術館】


国立新美術館にて開催中の『全日本水墨画秀作展』は本日まで。

樋口鳳香は、画家、岩崎巴人の業績を記念して創設された『巴人賞』を受賞いたしました。

会場に飾られた作品は昨年の夏の頃に書いた作品です。

その後の凝縮された濃い時間をふりかえり

今なら、さらにもっといい絵が描ける自信が湧いてくるのが不思議です。

画題に使っている『青帝』とは、春をつかさどる天帝。方位は東、色は青。

つまり水神である龍。

俳句の季語で春の意味です。

新しい時代が開ける、自分にとってもそれをきっかけに新たなステージに進みたい

そんな気持ちを込めて描いた作品です。

ぜひとも会場にて、実物をご覧くださいませ。

 




「第51回全日本水墨画秀作展」
〈入場無料〉

会期:3/7(水)~3/18(日)10:00~18:00
会場:国立新美術館(乃木坂駅直結)

 

 


次回は根岸嘉一朗率いる現代水墨画協会の『現水春季展』でお会いしましょう。

【2018現水春季展】
〈入場無料〉
会期:4/17(火)~4/22(日)10:00~18:00(最終日は17時閉館)
会場:北とぴあB1展示ホール (王子駅直結)

 

#樋口鳳香・墨美神展#第51回水墨画秀作展 #巴人賞受賞 #岩崎巴人 #水墨美人画 #撫子シリーズ #墨美神・スミビシン #JC・JK水墨画 #銀座かわうそ画廊 #現水展