墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

『現水展』も来年に向けて動いています


鳳香の所属している『現代水墨画協会』

10月の東京都美術館での水墨ueenのパフォーマンスは記憶に新しいところだと思いますが、

来年に向けて、鳳香は運営委員の一員として新たなお役を仰せつかりました。

上半期はスケジュールが立て込んでいるため思うように進行できないかも知れないけど

現代水墨画協会が主催している『現水展』を多くの一般の方にも知っていただけるよう

より良い道を模索していきたいと思います。

『現水展』来年の最初は、毎年開催されている『現水春季展』です。

これは一般公募はなく、会員と先生方の推挙を受けた方のみ新規参加できる同人展です。

冬が濃くなるほどに春が待ち遠しくなりますが、きっとあっという間です。

そろそろ作品の構想も練っておかなくては。



理事長の根岸嘉一郎先生、副理事長の鈴木昇岳先生、2016年運営委員の鶴本さんと2016年現水本展会場にて

 

 

 

 

*現水展は来年のスケジュールも決定しています。

 

 

【2018現水春季展】

〈入場無料〉

会期:2018年4/17(火)~4/22(日)

   10:00~18:00(最終日は17時閉館)

会場:北とぴあB1展示ホール (王子)

 

 

【第57回 現水展】

〈入場無料〉

会期:2018年10/7(日)~10/14(日)

   9:30~5:30(※最終日は15時閉展)

会場:東京都美術館