墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【俯瞰でみる景色】


大きな作品に挑むと、さまざまな気づきがある。

身幅におさまるサイズだと

紙面を支配しようとする心がはたらき

神経質に微細な仕上げにいつまでもこだわってしまったりする。



しかし自分の背丈より大きいサイズになると

一歩引かなきゃ全体像が見えない。

すると細かい部分もまあ気になるが

それよりも大事なことがあることに気づく。

作品を俯瞰で眺めながら

ひと所にとどまらず、あっちにこっちに、と

大胆に筆を動かす。

その動きはとても自由で、のびのびとおおらかだ。

固いピリピリと尖った線でなく、

柔らかなでしなやかな流れが絵に加わる。



どんな場面でもこの感覚を忘れないでいたい、と思う。


さて、冬らしい寒さになってきたところで12月の展覧会2つのご案内です。

 

 

※画像は今年2017年10月開催『現水展』出品作品『かぜのなごり』



【第50回 全日本水墨画秀作展(掛軸展)】
〈入場無料〉
会期:2017年12/13(水)~12/20(水)
会場:東京都美術館
主催:全国水墨画美術協会
後援:外務省・文化庁・東京都・秀作社出版・北海道新聞社・河北新聞社秋田魁新報社茨城新聞社東京新聞埼玉新聞社神奈川新聞社信濃毎日新聞社静岡新聞社静岡放送伊勢新聞社京都新聞神戸新聞社山陽新聞社中国新聞社・山陰中央新報社・西日本新聞社・美術新聞社・南画院・岩崎書店金の星社・秀作社出版・高橋書店・東京書籍・法蔵館八木書店・墨運堂・京橋エージェンシー・富士リブロ(順不同)

内容:協会主催の展覧会は年に3回。春の国立新美術館、夏の京都、秋は東京都美術館。都度、秀作社出版より作品集が出版され、全国の書店で販売されます。
出品種目:水墨画・掛軸
鳳香の作品:全紙掛け軸の墨美神を1点出展します。刺激的な作品になっています。

 

 

第50回記念イベント『水墨画シンポジウム』
〈参加費無料〉
会場:東京都美術館・秀作展会場内
1)鈴木昇岳先生 ☆12/13(水)11:00~12:00
2)王子江先生 ☆12/14(木)14:00~15:00
3)星野栄華先生 ☆12/15(金)14:00~15:00
4)陳允陸先生 ☆12/16(土)11:00~12:00
5)田中悳吾先生 ☆12/16(土)14:00~15:00



【獺祭クリスマス展】
会期:2017年12/23(土)~12/26(火)
   12:30 ~19:00(最終日は16:00まで)
会場:銀座かわうそ画廊
鳳香の作品:灯画(アカリエ)。恋人たちをテーマに小品4点出展します。