墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【鳳香が所属する水墨画団体とその展覧会について】


鳳香は水墨画の団体2つに所属しています。



・ひとつは『現代水墨画協会』

 協会が主催するのは、現水展。年に2回の開催です。

 春は「北とぴあ」で同人展、秋は「東京都美術館」にて全国公募展が開催されます。




・もうひとつは『全国水墨画美術協会』

 協会が主催するのは全日本水墨画秀作展。年に3回の開催です。

 春は「国立新美術館」で額装展、夏は「京都」で文人画展、秋は「東京都美術館」で掛軸展。

 こちらは全て全国公募展なので、一般の方がいつでも挑戦できる仕組みです。




12月13日から開催されるのは全国水墨画美術協会主催の『全日本水墨画秀作展』です。

秀作展は今回で第50回記念展を迎え、

東京都美術館で『水墨画シンポジウム』『デモンストレーション』など

さまざまな記念展イベントをご用意しています。

会期中には一人でも多くの方に会場に足を運んでいただいて、

現代の水墨画の表現の多様さを実感していただきたいと存じます。

 


 

 

【第50回 全日本水墨画秀作展(掛軸展)】

〈入場無料〉

会期:2017年12/13(水)~12/20(水)

   9:30~17:30(最終日は14:00まで)

会場:東京都美術館

主催:全国水墨画美術協会

後援:外務省・文化庁・東京都・秀作社出版・北海道新聞社・河北新聞社秋田魁新報社茨城新聞社東京新聞埼玉新聞社神奈川新聞社信濃毎日新聞社静岡新聞社静岡放送伊勢新聞社京都新聞神戸新聞社山陽新聞社中国新聞社・山陰中央新報社・西日本新聞社・美術新聞社・南画院・岩崎書店金の星社・秀作社出版・高橋書店・東京書籍・法蔵館八木書店・墨運堂・京橋エージェンシー・富士リブロ(順不同)

内容:協会主催の展覧会は年に3回。春の国立新美術館、夏の京都、秋は東京都美術館。都度、秀作社出版より作品集が出版され、全国の書店で販売されます。

出品種目:水墨画

鳳香の作品:全紙掛け軸の墨美神を1点出展します。刺激的な作品になっています。

 

 

 

第50回秀作展記念行事『水墨画シンポジウム』

会場:東京都美術館大講堂ロビー階

日時:2017年12/19(火)13:45~16:30

※お申込みが必要です。秀作社出版までお問い合わせください。

 

 

 

第50回秀作展記念行事『水墨画席画:デモンストレーション』

〈参加費無料〉

会場:東京都美術館・秀作展会場内

1)鈴木昇岳先生 ☆12/13(水)11:00~12:00
2)王子江先生 ☆12/14(木)14:00~15:00
3)星野栄華先生 ☆12/15(金)14:00~15:00
4)陳允陸先生 ☆12/16(土)11:00~12:00
5)田中悳吾先生 ☆12/16(土)14:00~15:00