墨美神®︎樋口鳳香のつれづれ

歌川派の墨絵師、樋口鳳香の水墨美人画(墨美神®︎)創作活動に尽きるアートブログ。 悠久の未来を見据えて、365日、墨美神®︎と向き合っています。

【水墨画デモンストレーション@東京都美術館】


12/13開催『全日本水墨画秀作展(掛け軸展)』第50回記念イベントとして

5人の水墨画の巨匠による、席画(デモンストレーション)がご用意されています。

日本の水墨画界をリードする先生方の実技を目の前で学べる貴重な機会です。

予約は不要ですので、直接「掛軸展」の会場にお越しください。

以下、席画の日程と、先生方の簡単なご紹介です。



1)鈴木昇岳先生

全日本水墨画美術協会 副理事長、現代水墨画協会 副理事長、墨映会主宰、アブストラクトアートの巨匠

日時☆12/13(水)11:00~12:00

 

 

2)王子江先生

日本美術家連盟正会員、全日本水墨画美術協会 副会長、長さ100メートルの壮大な障壁画、Eテレ水墨画講師

日時☆12/14(木)14:00~15:00

 

 

3)星野栄華先生

全国水墨画美術協会評議員、現代水墨画協会参与、きらく会副会長、栄華墨友会主宰

日時☆12/15(金)14:00~15:00

 

 

4)陳允陸先生

日中書画芸術交流協会会長、酔墨会会長、関西学院大学講師、全日本水墨画美術協会 副会長

日時☆12/16(土)11:00~12:00

 

 

5)田中悳吾先生

全国水墨画美術協会評議員。宮崎県水墨画美術協会会長

日時☆12/16(土)14:00~15:00

 

 


 画像は今年3月の第49回秀作展@国立新美術館で全国水墨画美術協会の先生方と。

 


第50回記念イベントの

美術評論家の佃堅輔氏と、5人のパネリストによる『水墨画シンポジウム』については

先日のブログをごらんください。






【第50回記念 全日本水墨画秀作展(掛軸展)】
会期:2017年12/13(水)~12/20(水)
※18日(月)は休館となっています。ご注意ください。
会場:東京都美術館
主催:全国水墨画美術協会
後援:外務省・文化庁・東京都・秀作社出版・北海道新聞社・河北新聞社秋田魁新報社茨城新聞社東京新聞埼玉新聞社神奈川新聞社信濃毎日新聞社静岡新聞社静岡放送伊勢新聞社京都新聞神戸新聞社山陽新聞社中国新聞社・山陰中央新報社・西日本新聞社・美術新聞社・南画院・岩崎書店金の星社・秀作社出版・高橋書店・東京書籍・法蔵館八木書店・墨運堂・京橋エージェンシー・富士リブロ(順不同)

内容:協会主催の展覧会は年に3回。春の国立新美術館、夏の京都、秋は東京都美術館。都度、秀作社出版より作品集が出版され、全国の書店で販売されます。
出品種目:水墨画
鳳香の作品:鳳香は、新美術新聞に掲載された墨美神の眷属を全紙に描きました。刺激的な作品になっています。



第50回秀作展記念行事『水墨画シンポジウム』

会場:東京都美術館大講堂ロビー階

日時:2017年12/19(火)13:45~16:30

※お申込みが必要です。参加費ともに秀作社出版までお問い合わせください。